www.morihi-soc.net

誰もが安心して使える、安全なインターネットを目指して

「WebShell 図譜」をマインドマップにしてみた

どうも。ハニーポッターの森久です。

先日、コミックマーケット93で「WebShell 図譜」を頒布しました。
多くのお客様に来て頂き、なんと午前中のうちに完売してしまいました。本当にありがとうございます。

遠方にお住まいの方や当日東京ビッグサイトへ行けないなど、メールや SNS 等で連絡をいただいていたので、ネット通販サイトの Booth にて電子版をダウンロード販売しております。よろしければこちらからどうぞ。
https://booth.pm/ja/items/718303

さて最近、マインドマップにハマっています。マインドマップを使うことによって「ボーイング社では、航空機の製造マニュアルを長さ7メートルのマインド・マップにし、研修期間を大幅に短縮、1000万ドルの経費削減した」*1という報告もあるらしく、個人的にちょっと試している次第です。

今回は、練習も兼ねて WebShell 図譜をマインドマップにしてみたのでご紹介します。
なおマインドマップの作成には XMind を使いました。

 

マインドマップ

WebShell 図譜のマインドマップ

基本的に、各章をメイントピックにして、各節をサブトピックにしました。サブトピックから一言まとめを(あれば複数)伸ばしています。


本の内容すべてをまとめるのはしんどいので、気になるところをピックアップしています。そのため「ココにこういう気になったことが書いてあったよ」というメモみたいなまとめ方をしました。
本来のマインドマップは、思考の整理に使うことが多いのかなと感じていますが、備忘録というか、技術書を辞書的に使いたいなと思うことがたまにあるので、こんな風になりました。
パッと見て、知りたいことがどこに書いてあるのか把握しやすいかなと思います。自分にとって知りたかったこと、気になったことなので、御覧頂いているみなさんに合うのかどうかは不明なのですが。

ただマインドマップにまとめて見直すことで、記憶の定着もしやすくなると思います。いわゆる忘却曲線によれば、一日立つと内容の74%ぐらいは忘れてしまうことが科学的に分かっていますしね。読んだその日のうちに書けば覚えられることが増えるはず。

 

気が向いたら今後もマインドマップを公開していこうと思います。

それでは良いお年を。

 

参考情報

*1 マインド・マップの基本と応用 (1/2) (ITmedia エンタープライズ)
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0506/18/news016.html

Written by 森久

12月 31st, 2017 at 8:10 am